Three Key Technologies of Electronic Toll Collection System_ Taigewang Technology

The electronic toll collection system is often referred to as etc (Electronic Toll Collection). It uses radio frequency identification technology, installs a card reader in the toll station, and installs a radio frequency card in the vehicle, so that the toll station can identify the vehicle within a certain range, and automatically deduct the corresponding fees from the pre bound IC card or bank account without parking payment. It is widely used in highway toll and road and Bridge (tunnel) toll because it does not require manual toll collection and parking card swiping. There are three key technologies to realize the non-stop charging system: identification technology, data transmission and database management, which are described in detail below. In addition, as an aside, the key of the electronic non-stop charging system is charging, not non-stop. 1. The vehicle identification electronic non-stop charging technology adopts radio frequency identification technology. This set of vehicle identification system is composed of card reader and radio frequency card. The card reader is installed in the toll station, and the vehicle is equipped with radio frequency card. They exchange data through wireless for identification. Some people will ask, what if the RF card is dead and can't be identified? Don't worry about this, because the RF card adopts a passive RF card without power supply. It can convert microwave energy into working energy through inductive coupling. 2. Data transmission security is the key to data transmission. In the process of vehicle identification, that is, the data acquisition stage, the transmission speed of RF technology is very fast, only a fraction of a second, and due to microwave radiation and low frequency, it is still guaranteed in terms of safety. In the process of transmitting data to the data center, we adopt the way of special line encryption to ensure the security of data transmission. 3. Database management in the non-stop charging system, the data center has two parts: the system data management unit and the bank data management unit. The system data unit is mainly used to manage vehicle related data collection, cost calculation, system security management, vehicle toll splitting, related report management, etc; The bank data management unit is mainly responsible for handling co branded cards with on-board RF cards, withholding tolls and other services. The management of the database is quite complex. Let's briefly say here that the non-stop charging system adopts the prepayment method. Users need to store the fees in the RF card, which will be automatically deducted in the card when passing through the toll station. At the same time, it can also be bound with bank cards and credit cards to consume in advance. The system will reconcile with the bank regularly.

Three Key Technologies of Electronic Toll Collection System_ Taigewang Technology 1

get in touch with us
おすすめの記事
ケース
駐車場システムカスタマイズ/コミュニティ駐車場システムカスタマイズ-Tigerwong
駐車場システムの「目的としての顧客満足度」というサービスコンセプトを掲げ、Huitingは「市場需要志向」を順守しています。 中国の歩哨ボックス業界を前進させましょう! 設立以来、経済の活発な発展と農村インフラの急速な変化に伴い、「契約を尊重し、約束を守り、厳格かつ責任を負うというサービス態度」に沿ったものになりたいと考えており、顧客の信頼とサポートを得ています! 同社は評判を守り、常に品質を追求し、サービスに注意を払い、慎重に市場に勝ち、プロフェッショナリズムを強調し、知恵でトレンドをリードしています! それは都市のイメージを表すことができます。 交通歩哨ボックスは、すべての道路に立っている歩哨ボックスです。 駐車場システムは、警察との交通秩序を管理するのにも便利です。 社会の発展に伴い、交通歩哨ボックスは歴史的な段階から撤退し、交通歩哨ボックス警察は動的パトロールに焦点を合わせるように変更されました。 しかし、地方の交通状況の変化に伴い、交通渋滞が発生することが多く、交通警察は主要な交差点と主要なセクションで終日勤務する必要があります。 したがって、交通ガードボックスは、時間の状況に対処するために、勤務中の交通警察に * 便利で快適かつ迅速な滞在位置を提供することができ、交通事故が発生する近くのエリアに迅速に移動することができます迅速な対応。 幅広い用途: 既存の建物の装饰や省エネ変换にも适用できます。 金属制の雕刻されたボードは、市の建设、アパート、オフィスホール、ヴィラ、庭の景勝地、古い建物の変形、ガードポストおよび他の多くの工学分野で広く使用することができます。 建築材料は、新しいレンガコンクリート構造、フレーム構造、鉄骨構造、ライトボディハウス、その他のタイプの建物の内装と外装に適用されます。 外壁断熱材と装飾統合ボードは、ますます多くの壁断熱材と装飾建材の最初の選択肢になりつつあります。 それは車のアクセスを管理するために高速道路料金所の駐車場システムおよび駐車場システムで広く利用されています。 道路ゲート歩哨ボックスもどこでも見ることができます。 車両へのアクセスを管理するために使用されます。 ロードゲート歩哨ボックスの材料はまた、多様化したステンレス鋼、鉄骨構造、金属彫り板、腐食防止木材、めっき亜鉛板である... その中で、 * RAREステンレスゲート歩哨ボックスと鉄骨构造ゲート歩哨ボックス。 外観は特別な技術によって処理されます。 ステンレス钢のゲート歩哨箱は304ステンレス钢から成っています。 それはセイコーと耐久性によって作られています。 それはユニークなタイプ、多種多様で、美しく寛大で、安定していて耐久性があります。 鉄骨構造ゲート歩哨ボックスのメインフレームは、亜鉛メッキされた正方形の鋼でできています。
インテリジェント時代では、駐車場管理システムにどのようなインテリジェントアプリケーション機能がありますか
駐車場の黒い技術は、人々が車を壊して怪我をするのを防ぐことができます-タイガー
クラウド駐車場システムは、現代のスマートシティの建設における重要なリンクです-Tigerwong T
最初の層の都市での無人駐車場システムの適用が高速タイガーウォンに入った
インテリジェント駐車場の都市駐車スペースの困難な問題を解決する方法
ナンバープレート認識オールインワンマシン「インテリジェントパーキングの新時代をリードする」-Tigerwong
ゲイツの需要-タイガーウォン
今年上半期のインテリジェント駐車場管理システムの作業概要-Tigerwong
国内駐車場管理の開発経験-Tigerwong
related searches
How About the License Plate Recognition Management System- TigerWong
The Use of Intelligent License Plate Recognition System Can Effectively Solve the Difficulty of Park
Wechat Pays Parking Fees, Making the Parking Lot Charging Management System More Convenient - Tigerw
Application Advantage Analysis of Parking Lot Charging System - Tigerwong
Market Promotes Demand, and the Development of Parking Lot System Enterprises Should Start From Thes
Select the Advantages of License Plate Recognition Management System - Tigerwong
Sztigerwong Intelligent "cloud Parking" Integrated Solution - Tigerwong Technology
Experience License Plate Recognition System Unattended - Tigerwong
Intelligent Parking Lot Management System - Tigerwong
深センTGWテクノロジー株式会社は、車両インテリジェントパーキングシステム、ナンバープレート認識システム、歩行者アクセス制御回転式改札口および顔認識端末の主要なアクセス制御ソリューションプロバイダーです。
データなし
CONTACT US

深センTigerWongテクノロジー株式会社

Tel: 86 0755-23773884  

電子メール: Info@sztigerwong.com

追加: ルーム601-605、ビル6、1980科学技術工業団地、   Longhua Street, Longhua District,深セン

           

著作権©2021深センTigerWongテクノロジー株式会社   | サイトマップ
chat online
Please message us and we’ll be sure to respond ASAP, what product you intrested in?
contact customer service
trademanager
wechat
skype
whatsapp
messenger
キャンセル