セキュリティ市場の断片化は「フープの呪い」または「喜びへのオード」ですか-駐車スペースガイダンス

近年、インターネットと情報技術の発展に伴い、セキュリティ業界における「断片化」の問題がますます顕著になっています。社会変革の移行期の基本的な特徴の1つは、セキュリティ市場と同様に「断片化」です。これは、集中化されたユーザー、散在するアプリケーションと製品、および多くのカスタマイズされた顧客の不足に特に反映されています。 公平を期すために、中国には広大な領土があり、400の県レベルの都市、700の県レベルの都市に加えて、郡レベルの都市と2400の地区と郡があり、それぞれの場所には公共の安全に関するさまざまな要件があります。 顧客の断片化されたニーズを満たすための開発対応から迅速な配送能力までのシステムを確立することは決して容易ではありません。 近年、インターネットと情報技術の発展に伴い、セキュリティ業界における「断片化」の問題がますます顕著になっています。 需要はパーソナライズされており、セキュリティ市場は「ロングテール特性」を示しています。 多くの製品タイプとモデル、散在する注文、散在する需要などの理由により、中国のセキュリティ市場の断片化された形は長い間存在していました。

セキュリティ市場の断片化は「フープの呪い」または「喜びへのオード」ですか-駐車スペースガイダンス 1

インテリジェント時代の到来後、AIがインテリジェントなニーズを認識する多くの機会がセキュリティ業界に現れました。 以前は満たされていなかった顧客のニーズが実現される可能性があり、市場スペースがさらに開かれました。 しかし、断片化の特徴は依然として密接に関係しており、セキュリティ企業が市場競争に集中することは困難です。 同時に、会社の運営においては、販売コスト管理が非常に重要であり、企業はそれをサポートするために巨大な販売ネットワークとマーケティングシステムを必要としています。 つまり、市場の細分化に直面して、消費者に近づき、市場情報と対話し、市場の可能性を活用し、段階的に顧客を獲得するために、チャネルの細分化、端末の制御、ディストリビューターの下での端末の開発と保守が必要です。、市場シェアを改善し、販売を拡大するように。

パレートの法則とは異なり、クリスアンダーソンの「ロングテール理論」は、伝統的な主流の商品はハードヘッドであり、大規模で散在し、無秩序にパーソナライズされたニーズは長くて細いテールを形成すると考えています。 ロングテールのパーソナライズされたニーズを合計すると、主流の商品よりも大きな市場が形成されます。 したがって、断片化された市場を勝ち取る方法はセキュリティ企業の焦点となり、インターネット経済の下で聖書となった「ロングテール理論」は間違いなく参照と参照の重要性を持っています。 業界の人々は断片化パズルをどのように見ていますか? セキュリティは絶対的に細分化された市場です。 パンインテリジェンスの時代には、単一の技術ではユーザーのすべての問題を解決することはできず、標準化された人工知能ソリューションが極端に不足しています。 したがって、インテリジェントアプリケーションの断片化されたニーズを認識するAIの難しさに備える必要があります。

この段階では、多くの企業が断片化からプラットフォームとエンジニアリングに変わり、産業生態学的チェーンを構築し、ユーザーの実際のニーズを解決して堀を確立しようとしています。 では、セキュリティ業界の人々はこの問題をどのように見ているのでしょうか。Hikvisionの社長であるHuYangzhongは、セキュリティ業界は断片化されたシーン市場であり、明らかなユーザー需要の差別化とカスタマイズがあると考えています。 これらの問題は、チップ、クラウド、AIテクノロジーだけでは解決できません。 セキュリティ市場は急速に成長していますが、大きな魚を買う余裕はありません。 Yushiサプライチェーン管理部門のディレクターであるLiu Changkang氏は、同社の一部の注文では、各注文の配送は数万元に過ぎないと指摘しました。

セキュリティ製品は、光学、電気機械、ネットワーク、インテリジェンスを統合するためのソリューションです。 幅広い製品、多くの着陸シナリオ、およびソリューションのカスタマイズのニーズがあり、配送速度に対する高い要件があります。 細分化された地域の都市サービスを遵守することは非常に重要です。 あまりにも早く水平展開をするのは無駄です。 Pengsiテクノロジーの副社長であるWangZhong氏は、セキュリティ業界の市場が細分化されているにも直面して、生産と商品化の着陸能力がAI企業の競争力を測定するための重要な指標になると強調しました。

セキュリティ市場の断片化は「フープの呪い」または「喜びへのオード」ですか-駐車スペースガイダンス 2

将来的には、AI技術の製品形態と商品化能力にもっと注意を払い、業界の考え方を利用して、セキュリティ業界のニーズを本当に満たす製品を作ります。 結論: セキュリティ業界における断片化の出現は、時代の発展の必然的な産物です。 一方で、断片化は、セキュリティ業界ではバイパスできない業界の問題点です。 一方、セキュリティ業界は、AIランディングアプリケーションシナリオの断片化により、より細分化されたアプリケーションの機会を得ています。 「断片化」現象をクラックすることはまだ長いプロセスです。

金は波の中で最初に見られます。 このプロセスでは、多くの企業がシャッフルされ、ブランド競争の新しいラウンドが開かれます。 一般的な傾向を明確にし、微気候を迅速につかみ、正しい軌道をつかむことによって、市場を突破し、ナゲットする機会はまだあります。

Lprパーキングソリューション 関連記事
Lprパーキングソリューションの利点の裏側
Lprパーキングソリューションをケアする5つの方法
Lprパーキングソリューションの品質はどのような要因によって影響を受けるか
高品質のLprパーキングソリューションメーカー
適切なLprパーキングソリューションを使用する利点
深センTGWテクノロジー株式会社は、車両インテリジェントパーキングシステム、ナンバープレート認識システム、歩行者アクセス制御回転式改札口および顔認識端末の主要なアクセス制御ソリューションプロバイダーです。
データなし
CONTACT US

深センTigerWongテクノロジー株式会社

電話:86 13717037584  

メール: Info@sztigerwong.com

追加: ルーム601-605、ビル6、1980科学技術工業団地、   Longhua Street, Longhua District,深セン

           

著作権©2021深センTigerWongテクノロジー株式会社   | サイトマップ
オンラインチャット
Please message us and we’ll be sure to respond ASAP, what product you intrested in?
contact customer service
skype
whatsapp
messenger
キャンセル